暮らしの分析方法

暮らしと家計簿について

トップ

コーヒーのカプチーノ

暮らしをお得に過ごすために 

最近は、消費税が8%へと上がり、暮らしに関しての不安感が高まりつつあります。そんな中、暮らしをお得に過ごすためには、まずは自分の今の生活を見直してみる点が一番簡単で早い方法です。手始めに家計簿をつけてみます。少し管理することが苦手な人であれば一ヶ月、続けられる人は一年間の金銭の支出を確認し、整理してみることが第一歩となります。実際の金額を知ることで、振り返りを行うことで何が必要かそうでないかを自分で把握することができます。次に、次回の目標を立てることでモチベーションも高まります。家計簿をうまく利用し生活をスッキリさせることがお得に過ごすポイントです。

家計簿をつけることでわかること 

暮らしの家計簿をつける分類は食費を2つに区切ります。①肉・野菜・調味料・冷凍食品・お菓子などある程度必需品といえるものと、②嗜好品のお酒類と分類しておきます。また外食は家族だけの場合と交際費(慶弔含む)のお付き合いでの場合で分けています。交際費は削れない出費ということで、家族だけの出費がかさみ気味の場合は外食を控えるなど、調整します。教育費も毎月出費の他、突発的な出費もあるので、家計簿をつけている事で、翌年の時期に応じて慌てることなく準備ができます。お正月のお年玉、慶弔関係も記帳していないと、前年の傾向を忘れがちなので確認のためにあると便利です。年代が変わってくると暮らし向きも変わってくるのがわかります。貯金額が年間でいくら貯められたというのがわかると、次の目標がたてやすいです。

家計簿と暮らしの情報

新着情報

© Copyright 暮らしと家計簿について. All rights reserved.