階段昇降機の種類

階段昇降機の仕組みと導入

トップ / 階段昇降機の仕組みと導入

階段昇降機とはどのような設備か 

階段昇降機とは、足が不自由であるなどの理由で階段の昇り降りが困難な人や安全に階段を昇り降りするための機械のことです。大きく分けて、階段に昇降機が走行するためのガードレールを取り付け、そのガードレールに沿って椅子や台が動くものと、フレームの下にキャタピラーなどの走行装置をつけた持ち運び可能なものの2種類の階段昇降機があります。前者は建築基準法によりエレベーターと同等の安全基準が定められており、エレベーターと同様の申請や定期検査が必要とされています。後者は介護保険制度対象の福祉用具貸与品目となっており、操作が

家計簿と暮らしの情報

© Copyright 暮らしと家計簿について. All rights reserved.